税理士法人ダイヤモンド経営
株式会社キャリア総研
HOME › RIKOCAFE
スタッフ日記

常識は非常識

経理代行をしていると、

後処理になるのでスピードという概念が薄くなっているような気がする。

経営者が求めるのは、経営に必要な情報(実績)で、

その形式がどうであれ、役立つ資料が欲しいのはいうまでもない。

それが帳簿になっていようといまいと、経営者が知りたい実績かどうかだというのが重要だ。

経理=帳簿づけという概念が、現場の私達をダメにしていると反省しきり。

「出来ませんは言いません。」

10年連続、顧客満足一位に輝いた老舗旅館「加賀屋」のモットーだ。

経営者のニーズに応える、総合サービスのために

もっともっと研鑽しなくては。

 

俯瞰で考える

 

明日から12月。

システム手帳のレフィルは通常、年末から来年までカバーしているものが多く、

毎年、どの時点で差し替えようかと悩む。

一年間せっせと使ったものは愛着が湧いて、

記入した文字を眺めて、今年を振り返るのもこの時期。

流される時間の中でどれだけ納得のいく仕事が出来たか、

来年に繋がる仕事になっただろうか?と立ち止まる。

いただいた仕事を前にして、真摯に取組む姿勢を忘れずに

いたいと切に思う一方で、

来年はチャレンジしたい仕事もあって、今から楽しみである。

経営者として遠くを見ながら、目の前の足元をよく見る。

俯瞰することも、自分自身を見直すことになり大切だなと

思うのです。

 

 

 

神様が与えた能力

 

 

コザにあるIPPEIレストランで、

プリザードフラワー「X’mas リースアレンジ」レッスン

私にも綺麗に作れました!! :-P

 

気づきのある方とお仕事をすると、

効率は何倍も良くなるし、何より気分がいい!

サッと身の回りを片づけ、他人の通路の確保をしたり

次の作業のために、率先してテーブルを拭いたり、

こういう方がいると、周りも影響されて動き出す相乗効果がある。

女性は同時にいくつもの作業を並行して行う能力があると思う。

家庭ではその能力がないと、家事・育児が進まないから

神様が与えた能力だと思う。

会社の中でも存分にその能力を発揮して欲しいと願っている。

自分の能力に壁を作らず、心を思いっ切り柔らかくして

気づきをもって柔軟に仕事にあたって欲しい。

女性が輝いている職場は、きっと男性も働きやすいのではないだろか。

女性は太陽だから、

太陽に照らされて、きっと男性陣も輝くでしょう :oops:

 

 

相手のニーズを探る

お客様の立場になって考える。

この当たり前の姿勢が、

時として忘れられている。

日頃から社員にその姿勢を見せているつもりだが、

徹底されていないことがあると、正直つらい。

出来ない事をやれというのではなく、

出来ないことはどのようにしたら可能かを考える

可能にするための選択肢はいくつだせるか。

知恵を絞って考える。

協力を仰ぐ

経験にないものは創造力をも屈指する

不足なものは補う

毎日がそのくりかえしだ。

経験だけを積むと机上論だけで判断するから怖い

もっと謙虚に、もっと貪欲に仕事に没頭しよう。

 

創業者のカッコ良さ

 

米寿祝と創業40周年祝いの宴席で、

会長ご本人が、なんと舞台で「大利根月夜」をカッコ良く披露!

激動の戦後をくぐり抜けて、創業から現在までの苦労話は司会者で

ラジオ・テレビでお馴染の上原直彦さんから語られましたが、

何より、背筋をピシッ!として、踊っている姿もカッコイイ!

創業者のひたむきな現場へのこだわりは、

誰にも負けない愛社精神となって、伝統を支えているのですね。

引き出物は立派な三段お重に入った「花ぐすく」のお料理。

あ~・・・正月までとっておきたいと願うせこい私・・・。

新年は是非、花ぐすくのおせちオードブルを食べ、

カッコいい会長にあやかりたいと思います。

 

競売にかけられる前に・・・

那覇市の某土地・建物は高齢者の父の名義のまま。

息子名義の債務のために銀行債務の抵当権の設定 がされています。

不動産を売却して、債務を返済しようにも、父親は痴呆症で施設に入所しています。

任意売却が出来なければ、返済のメドがつきません。

売却のための成年後見人をつけるにも、とても時間がかかり認められるかも不明です。

銀行側は返済が滞ってしまうと、競売にかえることができます。

その際には、不動産名義人がどういう状態であれ、競売の手続が出来るのです。

待ったなしに進む競売のまえに、任意売却を前向きに検討するべきですが、

所有者に売却することの判断能力があるかどうかが、ポイントです。

窮地に立たされた相談者のために、金融機関に同行して良い解決策を導きだそうと、

私も頭をひねっているところです。悩む

 

国会図書館への納本

DSC_0029.JPG

悲しい写真の画像の向きを変えられず苦戦~!(ゴメンナサイ)

それはさておき、9月に出版した「沖縄の人のための相続・贈与」

新刊について、国会図書館から、

「出版物納入のお願」文書が届きました。

本の出版は3冊目ですが、今回は弊社から出版になったので

弊社宛てに納入のお願いがきました照れる

1冊目の本を執筆する際に、記事や判例など資料収集のため

東京の国会図書館内を駆けずりまわっていた日は12年前になるでしょうか?

その節はお世話になりました!!笑顔

納入する本が、今度は誰かのお役に立てれば嬉しいです。

 

相続と生命保険

今年扱った相続の事例は、

「御主人の突然の死」が続いた。

そしてどれも生命保険に加入していた御蔭で

ひとまず当座の生活に困ることもなかった。

御主人を亡くして心細いなか、

幼子を抱えて、これからの生活に不安だらけなのに

生命保険に加入していなかったらと考えると

何とも恐ろしい。

毎月の保険金の支払を考えると、

生命保険は大変だなと考えがちだが、

万一のための保険金で、救われる遺族の姿を

目の当たりにしてきた。

会社では年末調整の季節がやってきた。

生命保険の控除金額が少ないなぁと、

嘆くことなかれ。

あなたが未来に向けて、安心して暮らすための

費用を払っているのですから。

 

妻、母、嫁、そして地域のリーダーに

11月10日残波ロイヤルホテルにて

「もめない為の相続・贈与」セミナー開催しました。

妻、母、嫁そして地域のリーダーとして 活躍してこられた

皆様を前にして、お話することはとても恐縮しますが、

熱い視線を感じながら、講話を終えました。

それぞれの役割もこなしながら、なお熱心に地域の

活動のために活躍していらっしゃる女性リーダーの

皆様に心から敬意を表します。

 

くるみ割り人形

沖縄の秋はいずこに~?

と思っていてもカレンダーは11月中旬に

突入してしまいますね。

12月もすぐそこまで・・・

今年の汚れ今年の内に!と、言う訳で

年頭に計画した仕事は順調ですか?

一年って早いなぁと思っているところへ

バレエ「くるみ割り人形」のDMが。

クリスマスの季節到来ですね。

一年を素敵なもので締めくくるために

あと53日をどう過ごすかが大事ですね。

 
会社経営でお悩みのことがあれば、ぜひご相談ください。 株式会社 キャリア総研