税理士法人ダイヤモンド経営
株式会社キャリア総研
HOME経理応援サービス › 経理代行
経理代行
経理お任せ隊
目次
  1. 経理代行とは
  2. このような方に最適です
  3. 経理代行サービス内容・料金
  4. 経理代行サービスの流れ
  5. 信頼と確かなサービス
  6. その他・事例
  7. Q&A
  8. お客様の声

経理代行とは

申告書作成・提出について 法人・個人を問わず、帳簿をつけ税務申告や経営状態の把握を行う必要があります。 しかし、起業して間もないお客様には毎日の入出金の把握など繁雑であり、処理方法がわからない部分もたくさんあるかと思います。
そんな面倒な経理、税務申告をサポートしてくれるサービス、それが経理代行サービスです。

>>記帳代行と税務サポートがパックになった
「アントレオールパック」はこちら↓
アントレオールパック

ページTOPへ

このような方に最適です

  1. 煩わしい日々の経理業務をして欲しい方
  2. 経理業務から税務申告までを委託し、
    時間(経営資源)を営業、開発などの事業に集中したい方
    ※税務申告は、提携税理士へ委託します。
  3. 日々の経理業務を外部へ委託することに心配されている方
  4. 会社が儲かっているのかどうか、よくわからない方
  5. 経理担当者が辞めてしまった。
    人を入れようと思うが人材派遣の経理はスキルが不足?
  6. 経理の人材を採用したいが、
    社員を雇い入れるには給料を払う余力がない
  7. 売上げUPが先決なので、
    手間な帳簿整理を人に任せて本業に専念したい方
  8. 共同経営をしているので、第三者に経理を任せ明朗会計を図りたい

ページTOPへ

信頼と確かなサービス

 経理目的の一つ、スムーズな税務申告であり、
いくら日々の記帳が行われていても、税務上は穴だらけでは意味がありません。
したがって、税務署から不必要な指摘を受けることのない経理代行サービスを提供しています。

キャリア総研は、提携税理士が運営に携わり、必要に応じて随時適切な指導を行うとともに、チェック体制を整備しミスの発生防止体制を構築しております。

ページTOPへ

帳簿備付の義務

  1. 現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳等の書類を備え、年末に貸借対照表と損益計算書を作成するこのできるような複式簿記等の方法によって記帳すること。ただし、複式簿記の方法ではなく、簡易な方法による記帳でもよいことになっています。
  2. 帳簿や決算関係書類を7年間、その他領収書などの書類を5年間保存すること
    *青色申告者には以上のような義務がありますが、
    白色申告者の方でも前々年分または前年分に300万円を超える人は、最低限「損益に関する事項」の記帳をすることが義務付けられています。また、この記帳書類は7年間、その他の書類は5年間保存しなければなりません。

と、言う事は『青色でも白色でも、帳簿を備え付けなければならない』ということです。

ページTOPへ

経理代行のサービス内容

記帳・経理代行サービス内容
サービス内容 料金(月額)
基準仕訳 0枚~100枚 ¥15,000(¥15,750)
101枚~150枚 ¥20,000(¥21,000)
151枚~200枚 ¥25,000(¥26,250)
201枚~250枚 ¥30,000(¥31,500)
251枚~300枚 ¥35,000(¥36,750)
301枚~400枚 ¥40,000(¥42,000)
401枚~500枚 ¥45,000(¥47,250)
501枚~600枚 ¥50,000(¥52,500)
601枚~ ¥50,000 (¥52,500)~
発生主義 処理を発生主義にする  ヒアリングの上お見積
領収書
貼り付け
領収書の整理・
証憑綴りへの貼付
¥2,000/100枚
(¥2,100)
諸資料の
ファイリング
請求書や納品書などの整理 ¥1,000/件
(¥1,050)
月次試算表の
データ提出
EXCELでの
月次推移残高試算表
¥2,000/件
(¥2,100)
特急仕上げ - 基準仕訳料金の
50%割増し
キャッシュフロー キャッシュフロー表の作成 ¥7,000(¥7,350)

ページTOPへ

経理代行の流れ

記帳代行サービス内容

記帳代行サービスでは、お客様に領収書・通帳コピー等をお送りいただき、当社スタッフ、税理士にて経理の帳簿作成を行います。
お客様は、当社からお願いする資料を毎月提出していただき、当社スタッフの質問に答えていただくだけで手間ひまをおかけいたしません。
税理士による月次試算表を、明日への指針となる経営情報としてご活用下さい。

記帳代行サービス内容
月次報告1 月次報告2 年次報告
記帳代行サービス内容

記帳サポートサービスの流れ

記帳サポートサービスの流れ
月次報告1 月次報告2 年次報告
記帳サポートサービスの流れ

ページTOPへ

申告書作成・提出サポート

提携税理士による各業務料金一覧表
法人税決算業務・申告業務料金表
年間売り上げ 料    金
1,500万円以下 ¥98,000 (¥102,900)
3,000万円以下 ¥128,000 (¥134,400)
1億円以下 ¥178,000 (¥186,900)
3億円以下 ¥198,000 (¥207,900)
5億円以下 ¥248,000 (¥260,400)
10億円以下 ¥328,000 (¥344,400)
20億円以下 ¥398,000 (¥398,000)
所得税決算業務・申告業務料金
年間売り上げ 料    金
0~1,000万円未満 ¥50,000 (¥52,500)~
1,000万円~5,0000万円未満 ¥100,000 (¥105,000)~
5,000万円~50,000万円未満 ¥200,000 (¥210,000)~
50,000万円~ 処理内容によってお見積
※上記料金は、1事業についてのおよその金額です。不動産所得や、一時所得、譲渡所得については、別途お見積りをさせていただきます。
注)
*個人事業主の方…「青色申告決算書」、法人の方…「決算書表紙・貸借対照表・損益計算書・経費明細書など」を公認会計士・税理士が作成し、申告致します。
*申告書作成に仕訳表、総勘定元帳が必要になります。
*決算修正、元帳等帳票の出力、消費税関連データの提供、法人の場合には、科目内訳書資料の作成を含みます。
*税理士による税務調査立会いは別途費用と致します。

各種届出書作成料金
法人設立届出一式作成提出 ¥10,000 (¥10,500)
他各種税務届出 ¥10,000~ (¥10,500~)
各種申告書作成料金
消費税申告料金 決算申告料金の1/3
償却資産申告書作成 ¥10,000 (¥10,500)
法定調書合計表作成 ¥10,000 (¥10,500)
給与代行オプション
年末調整料金(基本料金)
5名分含む           
(年末調整を行わない人もカウントします)
¥20,000 (¥21,000)
6人以上~一人当たり ¥1,000 (¥1,050)
給与支払報告書作成・発送 ¥200/1市町村(¥210/1市町村)
源泉管理業務(納付源泉所得税を通知) ¥10,000/件(¥10,500/件)
・提携社会保険労務管理士業務については、別途お見積もり。
・提携司法書士業務については、別途お見積もり。

ページTOPへ

その他・事例

税務申告について

決算月を迎えましたら、2ヶ月以内に税務申告を行わなくてはなりません。
税務申告は当社の提携、税理士によって行うことで作業の効率化が図れ、安価で申告書を作成することが可能となります。
申告書の税務署への提出は、提携する税理士にて行わせていただきます。

その他オプションサービスの提供

税務署等への届出書の作成や償却資産税の申告書の作成、社会保険の申請書は別途費用がかかりますが、お客様が必要となるときに当社よりご提案させていただきます。

料金の事例

設立3年目のベンチャー企業の社長さん。業績も順調に伸びてきており、経理業務が大変になってきたので経理担当の社員を雇うか?悩んでいます。
さらに業績を伸ばすのであれば営業の社員を雇いたいが・・・・・。
そんなベンチャー企業の社長さんが選んだのは、アントレサポートの経理サポートサービスです!!

料金の事例
項目 サービス内容 料金(月額) 料金(年額)
記帳代行 基準仕訳数
月150枚の場合
¥21,000 -
領収書
整理貼付
月150枚の場合 3,150 -
税務申告 本年度売上1,000万円 - 126,000
源泉所得税
の管理
社員数2人
(年末調整)
- ¥21,000
合計 24,150 147,000

ページTOPへ

Q&A

質問 なぜ経理代行をサービスとしてはじめたのですか?
解答 経理・記帳作業の80%はルーチン作業だといわれております。
その決まった作業をする為に、高い人件費を払ってまで行うメリットがあるのか。
ルーチン作業の部分を外部へ委託し経理職員をもっと生産性の高い業務へシフトし、且つ会社の発展を考えたときに、このサービスは「ありだ!!」と思いました。

質問 記帳代行はどこに頼んでも一緒でしょ。
解答 いいえ、私共は、提携する税理士の専門的な指導の下、会計処理を行っています。と言う事は、税改正があってもそれに対応できた適正な処理を行いますので、精度は高いです。

ページTOPへ

お客様の声

現在準備中です。

ページTOPへ

会社経営でお悩みのことがあれば、ぜひご相談ください。 株式会社 キャリア総研